花嫁さんがひとめぼれする二次会ドレスに出会うための完全ガイド

THE DRESS SHOP

花嫁のための二次会ドレスレンタルショップBEST5

JOYFUL ELI bridal

MaiBRIDE

二次会ドレスレンタルSHOPランキング » 花嫁の二次会ドレス選びのポイント

花嫁の二次会ドレス選びのポイント

二次会ドレスで迷っている花嫁におすすめのポイントがあります。

花嫁が知っておきたいファッションポイント

ファッション

花嫁の二次会ドレス選びのポイントですが、結婚式では着ないようなドレスを選ぶことで結婚式とは違った気分を味わうことができます。

二次会ドレスは、結婚式とは違って丈の短いものを選ぶ方が多いのだそう。丈が短いドレスは動きやすく、多くの方と会話を楽しめます。

デザインは、カラフルなドレスや大人っぽい雰囲気のドレスにする方もいます。中には、チャイナドレスを着る方もいるとか。Tシャツやパンツなどのカジュアルなスタイルで登場する新郎もいます。

ファッションのポイントは、結婚式で着用しなかった色味のドレスや服を選ぶこと。招待されたお客さんは花嫁のいろいろな姿が見たいものです。見る側が楽しめるほか、何より、新婦は様々なドレスが着れるため、気持ちよく主役を努められます。

また、二次会から出席する方の中には、花嫁のウェディングドレス姿が見たいと思っている方もいるのです。そのため、二次会からの出席者が多い場合は、もう一度ウェディングドレスを着るという花嫁もいます。

ウェディングドレスは、二次会ドレス用にインターネットで購入することも可能です。ウェディングドレスや結婚式場などでドレスを借りた場合、何十万円もしてしまうこともあるとか。

インターネットなら、格安でドレスが手に入るので、オススメです。せっかくなので、いろいろな種類のドレスを着て会場を盛り上げましょう!

花嫁をスレンダーに見せる二次会ドレス選びのポイント6つ

結婚式では、比較的ボリュームのあるデザインを着ることが多いです。ただ、式用のドレスは花嫁を美しく見せてくれるかわりに、動きづらく食事などもしづらいという弱点があります。

親しい仲で集まる二次会は、式場よりも狭いレストラン等で行うことも少なくありません。

動きやすさとデザインを両立し、花嫁をスレンダーに見せてくれる二次会ドレスを選ぶ6つのポイントをご紹介します。

1. 細く見せるならスレンダーラインのドレスがおすすめ

シンプルで細身なデザインのスレンダーラインは、細く見せたい人におすすめです。ファッションでいうIラインのシルエットで、縦に長いので、体のメリハリを強調するデザインや、横幅のあるドレスにくらべて体を細く見せてくれます。

裾まわりもすっきりしていて、動きやすいこともポイントです。

2. 動きやすいエンパイアラインのドレスなら脚長効果バツグン!

胸下からスカートに切り替えるエンパイアラインのドレスは、腰の位置をわかりづらくし、脚を長く見せてくれます。

お腹を締めつけないので、妊娠している人や下半身のボリュームに悩んでいる人にもぴったりです。また、エンパイアラインもスレンダーラインと同様に、スカートを膨らませない縦長のシルエットなので、全体的に体を細く見せてくれますよ。

3. ぽっちゃりさんはAラインでシルエットを調整しよう

スタイルに自信がないという人におすすめしたいのが、細めのAラインドレスです。上から下へ少しずつ広がっていくAラインのシルエットは、どのようなスタイルの人にも似合うようになっています。

ウエストの位置がもともと高いデザインですし、ドレスによってはさらにハイウエストにすることもできるため、脚長効果にも期待できます。ただ、スカートを膨らませすぎると動きづらくなってしまいますし、パニエを使わずにスカートのラインがすとんと落ちてしまうと、メリハリがなくなり美しく見えません。

少し細めを意識して、動きやすさを妨げない程度にパニエを使いましょう。

4. 白などの膨張色を避けてカラードレスで細く見せよう

二次会でも白のドレスを着たいという人は多いですが、白は膨張色といって、実際よりも物を太く大きく見せてしまう色でもあります。

その点、カラードレスならウェディングドレスとデザインを変えつつ、体を細く見せる色をチョイスすることが可能です。ただ、もっとも細く見える黒は、ドレスに使うことができません。

そこでおすすめなのが、淡いブルーのドレスです。ピンクも華やかでかわいらしいですが、パステルカラー自体が膨張色なので、色合いの落ちついた薄いブルー系を選ぶとよいでしょう。

5. ミモザ丈・アンクル丈・ミニ丈で注目ポイントをつくろう

体を細く見せるテクニックのひとつとして、ミモザ丈やアンクル丈、ミニ丈のドレスを選んで足や靴を見せ、「注目ポイントをつくる」方法があります。 少し思い切ったデザインを選ぶことができるのも、二次会ドレスのよいところです。スカート幅との対比が足を細く見せてくれますよ。

6. 気になる部分を上手に隠すドレス選びのテクニック

ドレス選びでは、ウエストや足の細さ、二の腕など、自信のない部分を隠すデザインにすることが多いです。

しかし、結婚式や二次会のドレスは白やパステルカラーなど、膨張色のものがほとんどなので、自信のない場所を隠すとかえって太く見えてしまうことも。

そんなときは、スカート丈や手袋の長さを少し短くしてみましょう。実はこれだけでも随分と細く見えるものなんですよ。

食い込みが気になるならフリルのついたデザインを選ぶ、ヒップラインをもちあげるデザインのドレスで腰の高さやくびれを強調し、横から見たとき細く見せるなど、花嫁を美しく細く見せるためのテクニックはほかにもたくさんあります。

専門店のスタッフなら、どういうデザインがよいか相談に乗ってくれるため、二次会ドレスを選ぶときは、一度相談に行ってみるのもよいですね。

知っておきたい二次会ドレスの基礎知識

レンタル利用の注意点

二次会用のドレスは、プチプラのホワイトドレスがおすすめ。ゲスト達のカラードレスに埋もれてしまわないよう、花嫁の特権であるホワイトを選択しましょう。

結婚式や披露宴では決められたプロットもあるため、自由に動くことは出来ません。駆けつけてくれた身近なゲスト達に感謝の言葉をしっかりと伝えるのは、やはり式が終わった二次会のかしこまらない席となります。ドレスはカジュアルダウンした動きやすいものを選んで、ゲストの傍まで出向いて感謝の気持ちを伝えましょう。

シーズン中のメインドレスや二次会用のカジュアルドレスは予約でいっぱい。二次会ドレスも妥協したくない方は、ゆとりをもっての予約がおすすめですよ。

レンタル利用の注意点

ブランドでキメたいときは

結婚式や披露宴とは異なり、カジュアルな雰囲気で行われる二次会。ゲストも友人や同僚などの身近な人達が中心となります。

ただ、和気あいあいとした中に花嫁が埋もれてしまってどこにいるのか分からなくなるのはちょっと困りもの。

二次会のドレスはそんな招待客たちと区別がつくようなブランドドレスを選ぶ女性も少なくありません。気を付けたいのは、レンタルの場合はタバコの臭いや飲食物のシミなどを付けない事。

レンタルのブランドドレスだとクリーニング費用も安くはありませんので、あらかじめ確認しておきましょう。

こちらでは、「YUMI KATSURA」や「TIGLILY」などの人気のドレスブランドをいくつかご紹介しております。ぜひ参考にしてみてください。

ブランドでキメたいときは

今さら聞けない1.5次会と二次会の違いやドレスの選び方

挙式のみを行い披露宴は割愛して別途二次会に近いスタイルで行うのが1.5次会。フォーマル度も二次会よりレベルアップするので、花嫁もゲストもドレス選びは注意が必要です。

主役の新郎新婦はウェディングドレスとタキシードが一般的。新婦のドレスは結婚式ではロングヴェール、1.5次会ではショートヴェールというスタイルが多く選ばれています。

また、ゲストの場合は、花嫁カラーのホワイトは避けるのがマナー。披露宴の代わりとなりますので留袖を着たご親類も出席する可能性がありますので、肌の露出は出来るだけ避け、結婚式に出席できるくらいの装いで参加するのがベターです。

二次会という設定の場合は、会場に合わせた装いがベストですが、カジュアルな雰囲気の会場であったとしても、砕けすぎには注意です。

今さら聞けない1.5次会と二次会の違いやドレスの選び方

花嫁がドレスを選ぶ基準は「デザインが良いこと」が90%以上!

「ゼクシィ結婚トレンド調査 2017 首都圏」における、結婚式や披露宴などで着用した衣装、衣装を選ぶ基準など様々なランキングご紹介いたします。

結婚式で人気のある花嫁衣装は、もちろんウェディングドレスが1位。そのウェディングドレスを選ぶ基準は「デザイン」がダントツという結果に。

挙式時期の流行を抑えつつ、ご自分の好みのドレスを選ぶというのが一般的です。また、お色直し用のカラードレスは、ピンク系とブルー系が人気ですが、こちらは全体的にばらつきがあり、個人の好みで決められるケースが多いことがわかります。

ちなみに、ウェディングドレスは既製品をレンタルしたという人は83.6%も!結婚のご予定がある方は、ぜひ、ドレス選びの参考にしてみてください。

花嫁がドレスを選ぶ基準は「デザインが良いこと」が90%以上!

花嫁が気を付けたい二次会でのドレスマナーの基本とNGポイント

昨今の二次会は、披露宴に参加できなかった人のためのものと位置づけられることも多く、二次会でもドレスを着用する花嫁が増えてきています。

二次会というとカジュアルになりがちですが、主役である新郎新婦、特に目立つ花嫁は、最低限のマナーを心得ておくのがベター。

例えば、アニマル柄や動物柄をモチーフにした衣装は殺生を表すのでタブーですし、新郎の衣装との兼ね合いも考えておかなくてはなりません。

ウェディングドレスと同じく、二次会のドレスもレンタルする方が多いですが、中にはリラックスできるプチプラドレスを購入する賢い方も。会場を抑えるときは、着替えやヘアメイクを出来る場所があるか調べておくのも大事なポイントですね。

花嫁が気を付けたい二次会でのドレスマナーの基本とNGポイント

妊娠中の挙式には身体を美しく見せるマタニティドレスが最適

数あるウェディングドレスショップの中から、マタニティ対応のドレスを取り扱うおすすめのお店をご紹介いたします。妊娠5か月を過ぎての挙式はマタニティ対応のウェディングドレスをご検討した方が良いですね。

妊娠中でも体のラインを美しく見せるシルエットドレス、胸元に切り替えが入ったお腹が目立たないふんわりドレスなど、花嫁が納得できるマタニティドレスが必ずあります。

マタニティ対応のドレスをおすすめするのは、単にサイズアップしたドレスだと、体系に変化のない肩幅や身丈まで大きくなり、全体的にちぐはぐな印象になってしまうからです。

一生に一度の晴れ舞台。写真も残りますから、ぜひ、慎重に選んでくださいね。

妊娠中の挙式には身体を美しく見せるマタニティドレスが最適

「大人ウェディング」年代別におすすめのドレスを紹介

30代以上の花嫁には大人ウェディングがおすすめ。年齢を意識しながらも花嫁の個性がきらりと光り、自分にしっくりくるドレスを選びましょう。

こちらでは、そんな30代以上の花嫁のためのドレス選びのヒントをご紹介します。30代~60代で、女性の体形や肌質はそれぞれ異なります。

年代ごとにふさわしく、また美しく見えるドレスを選ぶことが基本。40代なら細やかな刺繍が施されたドレスや生地の質が良いドレスなどクオリティーにこだわったドレス、50代ならゲストへの配慮や高齢になる両親への気遣いも考え、動きやすく露出が控えめなドレスを。

また、60代ならベージュ色を基本に光物を抑えて、とにかくシンプルに。そういったポイントを絞ることでドレス選びも迷わず決められるでしょう。

「大人ウェディング」年代別におすすめのドレスを紹介

ドレス×スニーカーで二次会の花嫁衣装がもっとお洒落になる

山田優さん、逃げ恥の新垣結衣さんが見せた、ドレス×スニーカーのコーディネートヒントをご紹介します。ミニ丈のウェディングドレスは、ここ数年、じわじわと人気が出てきているドレスコーデ。

華やかなウェディングドレスとスニーカーを合わせることで、こなれた感を演出でき、二次会ではゲストに親近感を持たせてもくれます。

特に、オープンテラスやガーデンタイプの会場なら抜群の組み合わせ。結婚式と二次会にフォーマル感とカジュアル感のメリハリをつけたい方にもおすすめです。

スニーカーのリボンをドレスに合わせてみたり、スニーカーの装飾をドレス仕様にしてみたり、花嫁の個性を活かせる小技も紹介。気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ドレス×スニーカーで二次会の花嫁衣装がもっとお洒落になる

もっと二次会の衣装を可愛く!サッシュベルトでドレスを彩る

こちらでは、サッシュベルトを取り入れたウェディングドレスのコーディネートをご紹介いたします。カジュアルからフォーマルまで様々なシーンで活用できるサッシュベルト。

色、素材、長さ、太さ、デザインによって、いろんな表情を演出できます。シンプルドレスをワンポイントで上品に彩ってくれるだけでなく、足長効果はもちろん、目線を考えた使い方でいろんな「助かる」がある万能アイテムとしても人気。

基本のリボンスタイルやダブル使いの結び方、また、キュートやシック、個性派などのお好み別コーデも紹介していますので、シンプルドレスにもう一工夫とお考えの方は、ぜひ試してみてください。

二次会ドレスをかわいく見せるデニムビスチェを紹介

コンテンツ一覧
 
pagetop
幸せ花嫁さんに贈る二次会ドレスレンタルSHOPランキング