花嫁さんがひとめぼれする二次会ドレスに出会うための完全ガイド

THE DRESS SHOP

花嫁のための二次会ドレスレンタルショップBEST5

JOYFUL ELI bridal

MaiBRIDE

二次会ドレスレンタルSHOPリスト » 花嫁の二次会ドレス選びのポイント » 「大人ウェディング」年代別におすすめのドレスを紹介

「大人ウェディング」年代別におすすめのドレスを紹介

ウェディングドレス選びでは、好みのデザインやカラーを取り入れることを重要視してしまいがちですが、30代以降の「大人ウェディング」では、年齢を意識し、今の自分だから生きるデザインを探し出すことが大切です。

いま最も輝くための美しいドレスを選び、一生の思い出に残る一時を演出しましょう。

30代は肌に合わせた大人ウェディングドレス

30代のドレス選びは難しいと感じてしまう方が多いでしょう。

明るいカラードレスを選べば若すぎるような気がしてしまい、かといって地味な色のドレスでは肌の色もくすみがちに見えてしまいます。

30代のウェディングでは、次のポイントを踏まえてドレス選びをしてみましょう。

「肌」からドレスを選ぶ

30代に入ると、20代の頃とは肌の質もカラーも変化します。現在の肌色をよく見てください。

少し日に焼けている、肌の色が濃くなったという方は、オレンジやピンクといった暖色系のカラードレスを選びましょう。より健康的に、優しい印象になります。

元々肌が白いという方はブルーやグリーンといった寒色系のドレスがおすすめです。白い肌がより映えます。

デザインからウェディングドレスを選ぶ

年齢を重ねて「二の腕を出したり腰周りのぴったりとしたデザインのドレスを着るのは抵抗がある」という場合はウェディングドレスのデザイン選びも重要となります。

お腹周りが気になるときには、ウエストから下に裾がふわっと広がるプリンセスラインドレスがおすすめです。肩周りをなるべく隠したいのであれば、ノースリーブではなくオフショルダーのデザインを選びましょう。

40代は質にこだわった大人ウェディングドレス

40代のウェディングドレス選びでは、ドレスの質にもこだわってみましょう。また、自分の体型をよく理解し、長所を生かして気になる部分を上手に隠すことが大切です。

体型からウェディングドレスを選ぶ

細身のデザインは40代には似合わないと決めつけず、自分の体型にぴったりのドレスを選びましょう。

長身ですらっとした方はマーメード、スタイルには自信がないという方は胸から下に裾がすっきりと広がるAラインがおすすめです。

ウェディングドレスのクオリティの高さで選ぶ

40代からのウェディングドレスは「細やかな刺繍が施され手の込んだもの」「生地の質が高いもの」を選びましょう。

スパンコールやスワロフスキーなど、きらびやかな装飾は控えめにするとより洗練された大人のドレスを選ぶことができます。

50代は動きやすく露出控えめな大人ウェディングドレス

50代のドレス選びに重要なのは「動きやすさ」と「露出の少なさ」です。

50代からの結婚式では、参列者への気配りや、高齢となった両親への気遣いが大切なポイントとなります。ドレスは華やかさよりも身軽さを考えて選ぶようにしましょう。

軽く動きやすいドレスとは

動きやすさを重視したい50代は、足首までのアンクル丈ドレスで足元をすっきりさせましょう。若い年代であればラフさが出過ぎてしまうデザインも、50代にはちょうどよい軽さになります。

親族だけで行うコンパクトなウェディングにもぴったりです。

肌の露出を抑える工夫をする

ウェディングドレスはどうしても肌の露出が多くなってしまいますが、袖のあるデザインのドレスを選んだり、華やかなボレロをまとって落ち着いた雰囲気に仕上げるとよいでしょう。

60代はシンプルに大人ウェディングドレス

60代からのウェディングドレスはとにかくシンプルに。

ドレスは真っ白よりも少しベージュがかった光沢のあるものがおすすめです。

スパンコールを取り入れず、上質な無地の生地がよいでしょう。その分小物を少し華やかにし、ヘアスタイルにもこだわってみてください。

肌の露出が気になるデコルテや袖部分には、美しいレースをあしらったデザインを選ぶと、気になる部分を上手に隠すことができるでしょう。

コンテンツ一覧
 
pagetop
幸せ花嫁さんに贈る二次会ドレスレンタルSHOPリスト