花嫁さんがひとめぼれする二次会ドレスに出会うための完全ガイド

THE DRESS SHOP

花嫁のための二次会ドレスレンタルショップBEST5

JOYFUL ELI bridal

MaiBRIDE

二次会ドレスレンタルSHOPリスト » 花嫁の二次会ドレス選びのポイント » 花嫁が気を付けたい二次会でのドレスマナーの基本とNGポイント

花嫁が気を付けたい二次会でのドレスマナーの基本とNGポイント

二次会でもドレス選びのマナーは守るべき!

二次会は第二の披露宴というスタンスで

今までは、披露宴でウェディングドレスやカラードレスを身に着けたあと、二次会については少しカジュアルなドレスというケースも多かったようです。

しかし、近年二次会は「披露宴に参加できなかった人のための第二披露宴」的な位置づけが強くなり、二次会でもきちんとドレスを着用する花嫁が増えています。

二次会から参加した方は、花嫁姿を見るのは二次会が初めてということになります。時間を作って二次会に参加してくれた方々のためにも、きれいな花嫁姿を見せてあげたいですよね。

「二次会だから」と一気にカジュアルにしてしまうのではなく、ぜひ第二の披露宴という気持ちで臨んでいただきたいと思います。

アニマル柄は避ける

結婚式では、アニマル柄や動物をモチーフとした衣装は、「殺生を表す」としてマナー的によくないとされているそうです。 たとえ二次会であっても、めでたい結婚披露の席であることに変わりはなので、アニマル柄は避けた方が良いでしょう。 ファーについても同様です。特にファーは殺生を連想しやすいので、二次会の席では着用を避けてください。

新郎の衣装とバランスを取りながら素敵なドレスを選んで

二次会で着用するドレスについては、あえて白という方もいますし、披露宴で着用できなかったカラードレスを選ぶという人など、色についてはかなり自由度が高いです。ただ、すべてにおいて自由度が高いというわけではなく、花嫁衣装であることを意識したドレスを選ぶ必要があります。

つい忘れがちなのが、新郎との衣装バランスを考えることです。披露宴ではタキシードにウェディングドレスと決まっていて、好きなデザインを選んでも新郎の衣装とのバランスが悪くなることはありません。

一方、二次会では新郎がタキシードではなく、スーツ等を着ることが多いでしょう。スーツの色とドレスの色がちぐはぐにならないよう、事前に打ち合わせをしておくと良いですね。 よく相談し合って、2人とも満足できる衣装を選びましょう。

二次会のドレス選びで注意したいポイント

二次会のドレスはレンタルよりも購入品のほうが安心?

二次会でドレスを着用する場合、レンタル品を検討する人も多いと思います。ですが、最初からレンタルと決めてしまうのではなく、ドレス店を見に行ってみて、予算に応じて購入を検討してみるのもよいと思います。

結婚披露宴では高砂に座り、席を回るのはキャンドルサービスのときくらいというケースが多いのに対し、二次会では比較的動く範囲が広くなります。食事やアルコールを楽しむことや、余興を行うこともあるかもしれません。そうすると、ドレスに飲食物をこぼしてしまう可能性や、破損してしまう可能性も高くなります。

カラードレスなどは2万円前後で購入できるものも多いので、レンタルで用意するよりも、購入してしまったほうがリラックスして二次会に臨めるかもしれませんね。

実際に、披露宴のドレスはレンタルするけれど、二次会では比較的安価なので購入してしまった、という人も多いようです。

二次会用ドレスへの着替えやヘアメイクができる場所の確保

二次会の場所によっては、二次会会場で着替えやヘアメイクができないこともあります。 二次会用にドレスを着替える場合には、着替えやヘアメイクが出来る場所を事前に押さえておくと安心です。披露宴を行った会場で、二次会用ドレスへの着替えやヘアメイクを終えてから会場を移動するようにするとスムーズでしょう。

二次会会場に花嫁用のパウダールームが用意されていれば、出張でヘアメイクさんに来ていただくことも可能なので、この点は会場によって対応を検討しましょう。

コンテンツ一覧
 
pagetop
幸せ花嫁さんに贈る二次会ドレスレンタルSHOPリスト